特許テーブル用脚装置及びテーブル 株式会社イトーキ

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開2010−22864(P2010−22864A)
【公開日】平成22年2月4日(2010.2.4)
【発明の名称】テーブル用脚装置及びテーブル
【国際特許分類】

A47B  13/06     (2006.01)   A47B  91/00     (2006.01)   F16B  12/44     (2006.01)【FI】

A47B 13/06            A47B 91/00        Z   F16B 12/44        D   F16B 12/44        C【審査請求】有
【請求項の数】3
【出願形態】OL
【全頁数】15
【出願番号】特願2009−252628(P2009−252628)
【出願日】平成21年11月4日(2009.11.4)
【分割の表示】特願2004−317335(P2004−317335)の分割
【原出願日】平成16年10月29日(2004.10.29)
【出願人】
【識別番号】000139780
【氏名又は名称】株式会社イトーキ
【住所又は居所】大阪府大阪市城
【代理人】
【識別番号】100074561
【弁理士】
【氏名又は名称】柳野 隆生
【代理人】
【識別番号】100124925
【弁理士】
【氏名又は名称】森岡 則夫
【発明者】
【氏名】西澤 崇爾
【住所又は居所】大阪市城東区今
【発明者】
【氏名】前川 尚幸
【住所又は居所】大阪市城東区今
【テーマコード(参考)】

3B0533B0693J024【Fターム(参考)】

3B053 NR01 3B069 DA05 EA02 3J024 AA02 CA03 CA13 CA19

--------------------

【要約】
【課題】強固に連結されると共に容易に組み立てることができ、円形又は正方形の天板の支持に適したテーブル用脚装置及びテーブルを得る。
【解決手段】テーブル用脚装置2を、下部の内面及び下面に螺孔が形成された略垂直棒状の中間支脚5、並びに、中間支脚5の上部から上外方へ延び、上端に天板1を受ける受座24が取り付けられる棒状の上支脚6、及び、中間支脚5の下部から下外方へ延び、下端が直接又はアジャスター12若しくはキャスター等を介して接地する棒状の下支脚7を一体形成してなる3本以上の支脚4
…と、中間支脚5下部の内面及び下面の螺孔を用いて連結される支脚連結部が支脚4
…の数と同数設けられた連結体37とにより構成する。