特許テレビ会議用テーブルシステム コクヨ株式会社

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開2012−39195(P2012−39195A)
【公開日】平成24年2月23日(2012.2.23)
【発明の名称】テレビ会議用テーブルシステム
【国際特許分類】

H04N   5/64     (2006.01)   A47B   7/00     (2006.01)   A47B  13/10     (2006.01)   A47B  83/04     (2006.01)【FI】

H04N  5/64    501 Z   A47B  7/00        A   A47B 13/10            A47B 83/04         【審査請求】未請求
【請求項の数】7
【出願形態】OL
【全頁数】9
【出願番号】特願2010−174880(P2010−174880)
【出願日】平成22年8月3日(2010.8.3)
【出願人】
【識別番号】000001351
【氏名又は名称】コクヨ株式会社
【住所又は居所】大阪府大阪市東
【代理人】
【識別番号】100137486
【弁理士】
【氏名又は名称】大西 雅直
【発明者】
【氏名】松崎 克弥
【住所又は居所】大阪市東成区大
【発明者】
【氏名】古田 司
【住所又は居所】大阪市東成区大
【発明者】
【氏名】林 友彦
【住所又は居所】大阪市東成区大
【テーマコード(参考)】

3B060【Fターム(参考)】

3B060 AD02

--------------------

【要約】   (修正有)
【課題】テレビ会議のための準備を必要最小限の設備と作業で迅速、確実に行うことができ、また、人数に応じてテレビ会議の環境を簡単に切り替えられるようにしたテレビ会議用テーブルシステムを提供する。
【解決手段】天板11の縁部11a〜11dに沿って一人または複数人が着座して利用可能なテーブル1と、カメラC及びモニタMを支持する支持部たる台板26、29等を有した移動台2と、移動台2を天板11の周囲において少なくとも第1の移動位置および第2の移動位置に移動させた際にそれぞれ天板11に対する相対距離を一義的に保つように移動台2と天板11とを構造的に関連づける連結部材とを備える。