特許電子看板装置 パナソニック株式会社

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開2013−44881(P2013−44881A)
【公開日】平成25年3月4日(2013.3.4)
【発明の名称】電子看板装置
【国際特許分類】

G09F  27/00     (2006.01)   G09G   5/00     (2006.01)   G09G   5/10     (2006.01)   G01V   8/20     (2006.01)【FI】

G09F 27/00        G   G09G  5/00    550 C   G09G  5/10        B   G09G  5/00    510 B   G01V  9/04        Q【審査請求】未請求
【請求項の数】4
【出願形態】OL
【全頁数】18
【出願番号】特願2011−181700(P2011−181700)
【出願日】平成23年8月23日(2011.8.23)
【出願人】
【識別番号】000005821
【氏名又は名称】パナソニック株式会社
【住所又は居所】大阪府門真市大
【代理人】
【識別番号】100084375
【弁理士】
【氏名又は名称】板谷 康夫
【代理人】
【識別番号】100121692
【弁理士】
【氏名又は名称】田口 勝美
【代理人】
【識別番号】100125221
【弁理士】
【氏名又は名称】水田 愼一
【発明者】
【氏名】鈴木 昭仁
【住所又は居所】大阪府門真市大
【テーマコード(参考)】

5C082【Fターム(参考)】

5C082 AA03 AA21 BA02 BA12 BD02 BD10 CA11 CA81 CB01 CB03 MM02 MM05 MM10

--------------------

【要約】
【課題】電子看板装置において、個人のプライバシーを保護しつつ、人が居るか否かに応じてディスプレイの明るさを変更する。
【解決手段】電子看板装置1は、ディスプレイ2と、赤外サーモパイルアレイセンサ4と、演算処理部5とを備える。ディスプレイ2は、液晶パネル21にバックライト22からの光を透過させることにより画像を表示し、この画像によって、広告、宣伝する各種情報を表示する。演算処理部5は、第1の演算処理部51と、第2の演算処理部52とを備える。第1の演算処理部51は、赤外サーモパイルアレイセンサ4の出力に基いて、電子看板装置1の前の人体の有無を判断する。第2の演算処理部52は、第1の演算処理部51における人体の有無の判断結果に応じて、ディスプレイ2の明るさを変更する。第2の演算処理部52は、ディスプレイ2のバックライト22の光の強さを変更することにより、ディスプレイ2の明るさを変更する。