特許タイル及びガラスの汚れ除去用消しゴム状クリーナー 株式会社シード

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開2013−48906(P2013−48906A)
【公開日】平成25年3月14日(2013.3.14)
【発明の名称】タイル及びガラスの汚れ除去用消しゴム状クリーナー
【国際特許分類】

A47L  13/16     (2006.01)   B08B   1/00     (2006.01)   B24D  15/04     (2006.01)   H05B   6/12     (2006.01)   C08L   9/06     (2006.01)   C08L  97/02     (2006.01)   C09K   3/14     (2006.01)【FI】

A47L 13/16        D   B08B  1/00            B24D 15/04        Z   H05B  6/12    305     C08L  9/06            C08L 97/02            C09K  3/14    550 C   C09K  3/14    550 K【審査請求】有
【請求項の数】4
【出願形態】OL
【全頁数】14
【出願番号】特願2012−205196(P2012−205196)
【出願日】平成24年9月19日(2012.9.19)
【分割の表示】特願2006−155826(P2006−155826)の分割
【原出願日】平成18年6月5日(2006.6.5)
【出願人】
【識別番号】000106782
【氏名又は名称】株式会社シード
【住所又は居所】大阪府大阪市都
【代理人】
【識別番号】100076820
【弁理士】
【氏名又は名称】伊丹 健次
【発明者】
【氏名】水口 裕太
【住所又は居所】大阪府大阪市都
【発明者】
【氏名】森本 和樹
【住所又は居所】大阪府大阪市都
【テーマコード(参考)】

3B0743B1163C0633K0514J002【Fターム(参考)】

3B074 AA00 AA05 AB02 3B116 AA47 AB52 BA08 BA11 3C063 AA06 AB10 BA02 BB01 BB07 BC04 BE06 EE28 3K051 AB02 AD37 4J002 AC08W AH00X BC04W FD20X GC00

--------------------

【要約】
【課題】タイルやガラス等に傷をつけることがなく、消しゴムで字を消す如く、手軽に汚れを除去することができる、タイル及びガラスの汚れ除去用消しゴム状クリーナーを提供する。
【解決手段】スチレン系エラストマー5〜85重量%と、モース硬度が2.0〜4.0の研磨剤95〜15重量%を混練し成形してなることを特徴とする、タイル及びガラスの汚れ除去用消しゴム状クリーナーである。
【選択図】なし


--------------------

【特許請求の範囲】
【請求項1】
スチレン系エラストマー5〜85重量%と、モース硬度が2.0〜4.0の研磨剤95〜15重量%を混練し成形してなることを特徴とする、タイル及びガラスの汚れ除去用消しゴム状クリーナー。
【請求項2】
研磨剤の粒径が0.1〜3mmであることを特徴とする請求項1記載の、タイル及びガラスの汚れ除去用消しゴム状クリーナー。
【請求項3】
研磨剤が植物性研磨剤であることを特徴とする請求項1又は2記載の、タイル及びガラスの汚れ除去用消しゴム状クリーナー。
【請求項4】
植物性研磨剤がピーチの種、杏の種、クルミの殻、コーンの芯から選ばれた少なくとも1種の乾燥粉砕物からなることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の、タイル及びガラスの汚れ除去用消しゴム状クリーナー。


多色 単色
消しゴム