特許店舗集中管理装置及び空気調和機のショーケースへの影響度計測方法 三洋電機株式会社

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開2013−96589(P2013−96589A)
【公開日】平成25年5月20日(2013.5.20)
【発明の名称】店舗集中管理装置及び空気調和機のショーケースへの影響度計測方法
【国際特許分類】

F25D  11/00     (2006.01)【FI】

F25D 11/00    101 E【審査請求】未請求
【請求項の数】7
【出願形態】OL
【全頁数】12
【出願番号】特願2011−236961(P2011−236961)
【出願日】平成23年10月28日(2011.10.28)
【出願人】
【識別番号】000001889
【氏名又は名称】三洋電機株式会社
【住所又は居所】大阪府守口市京
【代理人】
【識別番号】100098361
【弁理士】
【氏名又は名称】雨笠 敬
【発明者】
【氏名】田邉 義憲
【住所又は居所】大阪府守口市京
【テーマコード(参考)】

3L045【Fターム(参考)】

3L045 AA02 BA01 HA03 HA07 LA12 MA02 MA12 PA01 PA02 PA03 PA06

--------------------

【要約】   (修正有)
【課題】従来の位置情報に相当する空気調和機のショーケースに対する影響度を低コストで簡便に計測し、省エネ運転に利用することができる店舗集中管理装置を提供する。
【解決手段】店舗STに設置された複数台のショーケースC1〜Cm及び室内機A1〜Anの運転を一括して管理する。各ショーケースC1〜Cmの庫内温度を計測する庫内温度センサ7と、ショーケースC1〜Cmの庫内冷却運転を停止した状態で、何れかの室内機A1〜Anを運転したときの各ショーケースC1〜Cmの庫内温度の変化を計測する影響度計測部と、この影響度計測部が計測した室内機A1〜AnのショーケースC1〜Cmに対する影響度を記憶する影響度記憶部を備える。