特許営業支援システムおよび営業支援プログラム 京セラドキュメントソリューションズ株式会社

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開2014−179049(P2014−179049A)
【公開日】平成26年9月25日(2014.9.25)
【発明の名称】営業支援システムおよび営業支援プログラム
【国際特許分類】

G06Q  10/00     (2012.01)   G06Q  30/06     (2012.01)【FI】

G06Q 10/00    120     G06Q 30/06    140 A【審査請求】未請求
【請求項の数】3
【出願形態】OL
【全頁数】15
【出願番号】特願2013−54375(P2013−54375)
【出願日】平成25年3月15日(2013.3.15)
【出願人】
【識別番号】000006150
【氏名又は名称】京セラドキュメントソリューションズ株式会社
【住所又は居所】大阪府大阪市中
【代理人】
【識別番号】100140796
【弁理士】
【氏名又は名称】原口 貴志
【発明者】
【氏名】石津 竜一
【住所又は居所】大阪府大阪市中
【発明者】
【氏名】山上 裕美
【住所又は居所】大阪府大阪市中
【発明者】
【氏名】辻 知佳
【住所又は居所】大阪府大阪市中


--------------------

【要約】
【課題】 顧客に適した製品を提案する場合に、この顧客に対するこの製品の価格も提案することができる営業支援システムおよび営業支援プログラムを提供する。
【解決手段】 営業支援システムは、顧客の使用機器の情報である使用機器情報を受け付け(S161)、認証された利用者に対して管理されている製品の価格を、顧客に対する製品の価格として決定し(S164)、顧客に適した製品を提案するための製品提案用情報を、S161において受け付けた使用機器情報と、S164において決定された製品の価格とに基づいて生成する(S165)ことを特徴とする。
【選択図】 図8



--------------------

【特許請求の範囲】
【請求項1】
顧客の使用機器の情報である使用機器情報を受け付ける使用機器情報受付手段と、
前記顧客に適した製品を提案するための製品提案用情報を生成する製品提案用情報生成手段と、
前記顧客に対する前記製品の価格を決定する顧客用製品価格決定手段と、
利用者を認証する利用者認証手段と、
前記利用者に対する前記製品の価格を管理する利用者用製品価格管理手段とを備え、
前記製品提案用情報生成手段は、前記使用機器情報受付手段によって受け付けられた前記使用機器情報と、前記顧客用製品価格決定手段によって決定された前記製品の価格とに基づいて前記製品提案用情報を生成し、
前記顧客用製品価格決定手段は、前記利用者認証手段によって認証された前記利用者に対して前記利用者用製品価格管理手段によって管理されている前記製品の価格を、前記顧客に対する前記製品の価格として決定することを特徴とする営業支援システム。
【請求項2】
複数の前記利用者に対する前記製品の共通の価格を管理する共通製品価格管理手段と、
前記共通製品価格管理手段によって管理されている前記製品の価格を通知する共通製品価格通知手段と、
前記共通製品価格管理手段によって管理されている前記製品の価格が前記共通製品価格通知手段によって通知された後で前記顧客に対する前記製品の価格を受け付ける顧客用製品価格受付手段とを備え、
前記顧客用製品価格決定手段は、前記顧客用製品価格受付手段によって前記製品の価格が受け付けられた場合に、前記利用者認証手段によって認証された前記利用者に対して前記利用者用製品価格管理手段によって管理されている前記製品の価格に代えて、前記顧客用製品価格受付手段によって受け付けられた前記製品の価格を、前記顧客に対する前記製品の価格として決定することを特徴とする請求項1に記載の営業支援システム。
【請求項3】
顧客の使用機器の情報である使用機器情報を受け付ける使用機器情報受付手段、
前記顧客に適した製品を提案するための製品提案用情報を生成する製品提案用情報生成手段、
前記顧客に対する前記製品の価格を決定する顧客用製品価格決定手段、
利用者を認証する利用者認証手段、および、
前記利用者に対する前記製品の価格を管理する利用者用製品価格管理手段としてコンピューターを機能させ、
前記製品提案用情報生成手段は、前記使用機器情報受付手段によって受け付けられた前記使用機器情報と、前記顧客用製品価格決定手段によって決定された前記製品の価格とに基づいて前記製品提案用情報を生成し、
前記顧客用製品価格決定手段は、前記利用者認証手段によって認証された前記利用者に対して前記利用者用製品価格管理手段によって管理されている前記製品の価格を、前記顧客に対する前記製品の価格として決定することを特徴とする営業支援プログラム。


多色 単色
営業