特許フレキソ印刷用ゴム印材 クレハエラストマー株式会社

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開平10−76764
【公開日】平成10年(1998)3月24日
【発明の名称】フレキソ印刷用ゴム印材
【国際特許分類第6版】
B41N  1/12                 
【FI】
B41N  1/12                 
【審査請求】未請求
【請求項の数】3
【出願形態】FD
【全頁数】5
【出願番号】特願平8−253756
【出願日】平成8年(1996)9月4日
【出願人】
【識別番号】591005006
【氏名又は名称】クレハエラストマー株式会社
【発明者】
【氏名】川原田 正明
【代理人】
【弁理士】
【氏名又は名称】吉田 了司
【要約】
【課題】        従来のソリッドゴムに比べてレーザー加工の所要時間を大幅に短縮でき、かつべたつきがなく、シャープな輪郭のレリーフが容易に得られ、しかも発泡ゴムを用いたものに比べ、加硫工程の工数が減少し、製造が容易なフレキソ印刷用ゴム印材を提供する。
【解決手段】    多孔質の本体ゴム層と該本体ゴム層の表面に積層された平滑なスキン層とからなり、本体ゴム層が充填剤として通常の無機充填剤と共に中空フィラーを配合した多孔質のゴム組成物からなり、スキン層がソリッドゴムからなり、その厚さが0.3〜1.0mm、加硫後の硬さ(JIS−A)がスキン層表面で30〜55度である−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−【特許請求の範囲】
【請求項1】  多孔質の本体ゴム層と該本体ゴム層の表面に積層された平滑なスキン層とからなり、上記本体ゴム層が充填剤として通常の無機充填剤と共に中空フィラーを配合した多孔質のゴム組成物からなり、上記スキン層がソリッドゴムからなり、その厚さが0.3〜1.0mm、加硫後の硬さ(JIS−A)がスキン層表面で30〜55度であることを特徴とするフレキソ印刷用ゴム印材。
【請求項2】  本体ゴム層における中空フィラーの配合量が原料ゴム100重量部当たり50〜150重量部であり、通常の無機充填剤の配合量が原料ゴム100重量部当たり50〜150重量部である請求項1記載のフレキソ印刷用ゴム印材。
【請求項3】  中空フィラーが加硫後のプレスにより破壊されている請求項1または2に記載のフレキソ印刷用ゴム印材。