特許インキ吸蔵型印材及びその製造方法 株式会社天昭堂

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開平9−277683
【公開日】平成9年(1997)10月28日
【発明の名称】インキ吸蔵型印材及びその製造方法
【国際特許分類第6版】
B41K  1/50                 
【FI】
B41K  1/50        B        
【審査請求】未請求
【請求項の数】3
【出願形態】OL
【全頁数】5
【出願番号】特願平8−86153
【出願日】平成8年(1996)4月9日
【出願人】
【識別番号】390033536
【氏名又は名称】株式会社天昭堂
【発明者】
【氏名】田中 克幸
【代理人】
【弁理士】
【氏名又は名称】杉本 丈夫 (外1名)
【要約】
【課題】  インキ吸蔵型印判に用いられるインキ吸蔵型印材及びその製造方法に於て、印字部の大きさが小さくなっても、常に鮮明に捺印できる様にする。
【解決手段】  印材基部2、印字部3、合成樹脂被覆層5とで構成し、とりわけ印字部3を除く印材基部2の表面に合成樹脂被覆層5を設ける。
【特許請求の範囲】
【請求項1】  インキを吸蔵し得る印材基部と、印材基部の表面に一体的に形成された印字部と、印字部を除く印材基部の表面に設けられた合成樹脂被覆層と、から構成した事を特徴とするインキ吸蔵型印材。
【請求項2】  印字部が形成された印材基部の印字部を含む表面に合成樹脂被覆層を設け、印字部に相当する合成樹脂被覆層を除去した事を特徴とするインキ吸蔵型印材の製造方法。
【請求項3】  印字部が形成された印材基部の印字部を含む表面に含浸防止層を設けると共に、この上に合成樹脂被覆層を設け、印字部に相当する含浸防止層と合成樹脂被覆層を除去した事を特徴とするインキ吸蔵型印材の製造方法。
図面を非表示

--------------------