特許ゴム印材及びその製造方法 バンドー化学株式会社

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】特許公報(B2)
【特許番号】第2852488号
【登録日】平成10年(1998)11月20日
【発行日】平成11年(1999)2月3日
【発明の名称】ゴム印材及びその製造方法
【国際特許分類第6版】
B41K  1/50                 
【FI】
B41K  1/50        B        
【請求項の数】3
【全頁数】4
【出願番号】特願平6−84173
【出願日】平成6年(1994)3月29日
【公開番号】特開平7−266677
【公開日】平成7年(1995)10月17日
【審査請求日】平成8年(1996)11月19日
【特許権者】
【識別番号】000005061
【氏名又は名称】バンドー化学株式会社
【発明者】
【氏名】塩山 務
【審査官】 中村 圭伸
【参考文献】
【文献】特開  昭60−56586(JP A)
【文献】特開  昭57−64537(JP A)
【文献】特開  昭54−125261(JP A)
【調査した分野】(Int.Cl.6 DB名)
B41K   1/50
【特許請求の範囲】
【請求項1】  体積発泡率が50〜180 %の独立気泡型発泡ゴムであって、該ゴムマトリックス中には架橋性ゴム 100重量部に対し、該架橋性ゴムと非相溶の親水性ポリマー 5〜80重量部が均一分散されてなることを特徴とするゴム印材。
【請求項2】  架橋性ゴム 100重量部に対し、該架橋性ゴムと非相溶の親水性ポリマー 5〜80重量部及び発泡剤その他必要な添加剤を添加して、前記発泡剤を発泡させ体積発泡率が50〜180 %とすることを特徴とするゴム印材の製造方法。
【請求項3】  架橋性ゴムと非相溶の親水性ポリマーが水溶性でかつ熱可塑性であることを特徴とする請求項1に記載のゴム印材又は請求項2に記載のゴム印材の製造方法。