Twitterボタン


特許組立式ファイバーボード製棺桶 株式会社富士エンジニアリング

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開平9−173395
【公開日】平成9年(1997)7月8日
【発明の名称】組立式ファイバーボード製棺桶
【国際特許分類第6版】

A61G 17/007                【FI】

A61G 17/00        M        【審査請求】未請求
【請求項の数】3
【出願形態】OL
【全頁数】7
【出願番号】特願平7−340783
【出願日】平成7年(1995)12月27日
【出願人】
【識別番号】595179538
【氏名又は名称】株式会社富士エンジニアリング
【住所又は居所】群馬県太田市藤
【発明者】
【氏名】齋藤仁
【住所又は居所】群馬県太田市藤
【代理人】
【弁理士】
【氏名又は名称】羽鳥 亘


--------------------

【要約】
【目的】 繊維板(特にMDF)を主部材とするノックダウン方式であり、運搬・保管が簡単で低コストな組立式ファイバーボード製棺桶を提供する。
【構成】 厚さ10〜20mmのパーティクル材の枠木1a〜1dと桟木2a〜2dを両面から厚さ2〜3mmの繊維板3a、3bで挟んで張り付けた構造の側板5a〜5dと、前記側板5aの構造に加えて窓穴6と該窓穴にプラスチック蝶番7にて取り付けた扉8を設け更にめしあわせ棒9を設けた上板10と、前記側板5の構造に加えて前記パーティクル材を挟んだ繊維板間に閉塞された空間にハニカム構造の中質繊維ハニカム材で満たした構造の床板15と、上板10を固定するプラスチック釘(図示略)と、四面を囲う各側板5a〜5dと床板15を連結固定するプラスチックダボと、から1セットが構成されている。


--------------------

【特許請求の範囲】
【請求項1】 厚さ10〜20mmのパーティクル材の枠木と桟木を両面から厚さ2〜3mmの繊維板で挟んで張り付けた構造の側板と、前記側板の構造に加えて窓穴と該窓穴にプラスチック蝶番にて取り付けた扉を設けた上板と、前記側板の構造に加えて前記パーティクル材を挟んだ繊維板間に閉塞された空間にハニカム構造の中質繊維ハニカム材で満たした構造の床板と、上板を固定するプラスチック釘と、四面を囲う各側板と床板を連結固定するプラスチックダボと、からなり、前記プラスチックダボが嵌合して埋設される切欠及びダボ穴が前記側板と床板の所定位置に設けられていることを特徴とする組立式ファイバーボード製棺桶。
【請求項2】 請求項1記載の組立式ファイバーボード製棺桶において、前記繊維板が中質繊維板(MDF)であることを特徴とする組立式ファイバーボード製棺桶。
【請求項3】 請求項1または請求項2記載の組立式ファイバーボード製棺桶において、プラスチックダボと嵌合される切欠の内表面に水性の合成樹脂接着剤を塗布して切欠表面を硬化させたことを特徴とする組立式ファイバーボード製棺桶。


多色 単色
棺桶